本当はこの項は最初に書きたくなかったところです。しかしながら避けて通れない問題であり、 決定的な意味を持つ重要なポイントですから、最初に取り上げます。
 オーディオルームの選定はオーディオの選定と同じくらい重要です。オーディオルームは、 スピーカーの延長あるいは一部と考えるべきです。
なぜならばオーディオ趣味は、オーディオ ルームに好みのサウンドを充満させるのが目的の趣味であるからです。オーディオのすべては オーディオルームのためにあるといえましょう。本来は家の新築時にきちんとした設計の下 に専用のオーディオルームを建築するのが理想的ですがそうもいかないことも多いでしょう 。私の現行のオーディオルームも、最初はオーディオ専用としては設計されていませんでした。
 オーケストラ音楽の大音量再生に必要なオーディオルームの第一の条件は、最低12帖以上の 部屋です。これは残念ながら10畳以下の部屋では耳障りな定在波ができてしまい吸音材等を 使っても完全にコントロールできないからです。はっきり言えることは、部屋は大きければ 大きいほど良いということです。これは理論上証明されています。定在波は部屋が大きく なるほど低い周波数のものとなりだんだん聞こえない領域に移行するからです。
 定在波は直方体あるいは立方体の部屋では必ず生じます。定在波を生じない部屋を造り たければ互いに平行な壁を作らないことです。多くのスタジオなどでそのような設計が なされています。ここでそれよりも実際上重要なことは無響室のような吸音材を使用した 部屋や吸音性の壁を持つ部屋を造らないことです。オーディオルームはホールに比べれば 小さい部屋です。できるだけ良い響きを得るために、吸音材は"角をためて牛を殺す"ごとくと 心得るべきでありできるだけ避けるべきです。これらについては、以下のオーディオルーム のセッティングの項でも述べます
 
当然の条件として、床はフローリングか御影石や大理石等の硬質材とするべきで、畳(和室) はだめです。和室はすべての要素でオーディオルームとしては最低です。残念ながら 救いようがありません。カーペットはだめではありません。鉄筋コンクリート造りの 部屋の場合は、音のエネルギーが漏れるところがないのである程度吸音が必要なことが多く 必需品かもしれません
 天井はできるだけ高いほうが望ましいと言えます。残念ながら日本の多くの住宅は天井 高が低いことが多くちなみに私のオーディオルームも2.6メートルと決して高いとは 言えません。天井が低いとこれまた定在波が発生しやすく良いことはありません。 理想的な天井高は4メートルくらいと思われます。 オーディオ機器のセッティングにあたるオーディオルームの使用法やレイアウト法、 細かい注意点などは、最後のオーディオルームのセッティングの項で述べます。 それ以外の事柄は、以下の内容のなかで述べていきたいと思います。