この項が私の述べているセッティングのノウハウの中で最もインパクトのある所でしょう じっくり読んでください。中にはこれはどう見てもおかしいあるいはけしからんと憤慨 される方がいるかもしれませんが残念ながら以下は厳然たる事実です。

 クラッシック音楽の再生でプリアンプのトーンコントロールの使用は絶対に必要です。 トーンコントロールとは高音や低音を好みの量に変化させて聞くための機能ですがもともと これを必ず使用しなければまともな音楽を聴くことができないように録音がなされているのです。 このことを知らないオーディオファン音楽ファンが多すぎます。全く可哀相なことと思います。 これについてはじっくり話を進めなければなりません。

 話は1960年ごろにさかのぼりますがモノラル録音からステレオ録音に変わっても LPレコードの時代になっても音楽録音の基本は如何にオーケストラの音の全てをくっきり はっきり録音するかそしてレコードを再生した時に如何に全ての音がくっきりはっきり 聞こえるようにするかでした。当時は現在とは比べ物にならないほど録音技術が低かったし 機材のグレードも低かったはずです。
 オーケストラのステレオ録音のマイクの位置としてステージ上のオーケストラの真上中央が 選ばれたのは自然のことでしたがここは前述のくっきりはっきりと言う音の特性を満たす最も 良い位置でもありました。そこで収録される音はホールの客席で聞く音とは全く異なっては いましたが全ての音がくっきりはっきり捉えられて客席の音とは違った感動がありました。 ここがオーディオマニアが誕生した所以でもありましょう。
 それはさておきLPレコードにはRIAA特性なる物があり全ての音はこの特性に従って 高音を最大20dB強調し低音を最大20dB減衰して録音されています。
レコード再生時は プリアンプのフォノイコライザーで逆の特性をかけてフラットに再生するようになっています。 これらはレコード盤の物理的特性によるもので低音を圧縮しないと音溝が大きくなりすぎて レコード針がトレースできなくなるからであり高音を強調しないと雑音にうずもれてしまって 聴き取れなくなるからでありました。
 このように音楽録音の歴史は高音域の強調にあると言っても過言ではありません。これは 現代のメイン音楽ソースであるCDでも認められます。CDではさすがにRIAA特性などと言うものは ありませんが録音マイクのセッティングは基本的にステレオ録音の初期と全く同じです。 現代のデジタル録音技術でもオーケストラの真上のステレオマイクはやはり音をクリアーに 収録するためには欠かせないもののようでいくら録音技術が進んでもホールのS席にマイクを セットして録音するというわけにはいかないようです。
 ここまでくればもうお分かりでしょうか。CDでも最新のSACDでもDVDAudioでも基本的に くっきりはっきりすべての音を捉えるためにつまり中高音が強調されるようにオーケストラの 頭上のマイクで録音がなされているのです。それは本来のホールで聴くオーケストラの音とは 似ても似つかない物です。我々リスナーは再生時に適宜高音域を減衰させてはじめて本来の オーケストラのホールサウンドに包まれることができるのです。
 つまり我々はCDSACDDVDAudioの音楽を聴くときちょうどホールのS席で聴く音をイメージ できる程度に高音域を減衰させまたそれに伴って(必然的に)低音域を増大させて初めて 本来のクラッシック音楽をオーケストラ音楽を自然な音で美しいホールトーンを伴って 楽しめると言うわけです。
 逆にこのような見方もできます。録音技師は最大限全ての音を強調するようにくっきり はっきり捉えてCD等に入れてくれているそれはリスナーが再生するときに適宜必要なだけ 解像度を落として楽しめるように十分な余裕を持たせて高音域を強調して入れてくれていると 考えても良いでしょう

 オーディオマニア特にハイエンドと言われる人たちの間ではトーンコントロールは使用しないのが常識とも聞きますがとんでもない間違いです。また一部のレコーディングエンジニアやオーディオメーカー関係者の中にも誤解している人がいるのは残念なことです。

 あなたが以上の話を聴いてもまだトーンコントロールは絶対に使用しないあるいは使用しては いけないトーンコントロールを使用しないで素晴らしい音響が実現できていると言われるのなら あなたはバリバリのオーディオマニアです。私とは違う世界の方です。少なくとも音楽ファン クラッシックファンの方ではありません。今後とも特殊な音響の世界を極めてください。
 あなたが以上の話を聞いて今までなんとなくトーンコントロールを使用することに罪悪感を 感じていたけれども今日からは自信を持って使用できると言われるのなら、あなたは間違いなく 音楽を深く理解する方です。今後はよりよい音響で自由に音楽を楽しんでください。
 通常トーンコントロールで高音域を4〜5dB減衰させ低音域は逆に4〜5dB増強して ちょうど良い音響が得られるようです。これはオーディオルームやスピーカーシステムにより 変わるので一概には言えません。
 ここでなぜ低音域を増強するかですがそれは高音域のみ下げると逆に相対的に1kHz付近が 強調されて具合が悪いからです。と言うのはトーンコントロールは一般的に高音は1kHz付近から 上の周波数領域低音は下の周波数領域のそれぞれを徐々に増強あるいは徐々に減弱するように なっており高音のみ下げるとこの1kHz付近が相対的に強調されてしまいます。従って一般的には 高音域を下げた分だけ低音域を上げてやる必要があるわけです。しかしながらかならずしも 高音を4dB下げたら低音を4dB上げれば良いとは限りません。一般的なオーディオルームの特性は 低音域の方が多少荒れているものです。いろいろ試して最善の調整量を見つけましょう。
 また録音ソフトごとにその調整量を加減すべきものでもあります。これは次回のレファレンス CD&DVD&SACDのコーナーでも述べたいと思いますが録音レーベルによってまたホール によって演奏者によってトーンコントロール量は変えるべきです。完璧な調整をめざすと なかなか面倒です。デジタルプリアンプを使用すると(Pioneer C―AX10など)8とうり くらいのトーンコントロール量をプリセットできリモコンでソフトごとに変更できるので大変便利です。 またプリアンプによっては高音低音それぞれのターンオーバー周波数を切り替えられるものも あります。自然で楽しめる音響作りには重要な機能です。


 先に述べているようにオーケストラのステージ上のステレオ録音マイクでとった音は本来の ホールのサウンドとは似ても似つかない物です。しかしながら必要十分な解像度を確保しながら 自然で美しい音響が得られるように高音を落としそれに伴って低音を増強すれば実際のホールの S席を超える音響が簡単に得られます。それは実際のS席で聞ける高音域のエネルギーよりも ずっと大きな高音域のエネルギーをステージ真上のマイクで録音時点で最初に確保しておいたから はじめてできることなのです。高音と言っても周波数がいくら以上とは決まってはいませんが 音の解像度響きの美しさを決めるのは高音域です。高音域のエネルギー量のコントロール すなわちトーンコントロールをうまく使いこなすことが音楽再生の基本であることがおわかりでしょう

 以上がプリアンプで一番重要なトーンコントロ−ルの使用法ですが最近のプリアンプには トーンコントロールがついてないものもあります。これらは別にグラフィックイコライザーなどの 使用することを前提にしたものでしょう。ACCUPHASE(日本)等からはリスニングポイントに 専用のマイクを立てピンクノイズを発信して音場特性を調べコンピューターで自動的に好みの 特性にトーンコントロールしてくれる機器も発売されています。これらの機器は究極のトーン コントロールと言えましょう。
 もちろんトーンコントロールは一種の音質を低下させる可能性のあるデバイスです。専門的には 歪の増大や位相の回転などが発生します。使用しないで完璧な音響が得られれば良いに越した ことはありません。しかしながら前述のように録音そのものがリスナーが試聴時に適宜トーン コントロールを使用して聞くことを前提に高域の情報を強調気味になされている以上使用せざるを 得ない必要悪です。単純な高音と低音のコントロール機能を持つプリアンプで十分に良い音響が 得られるなら複雑なイコライザーなどは使用しない方が良いでしょう。

 前回述べたデジタルプリアンプでは従来のアナログプリアンプのトーンコントロールで避けられ なかったひずみの増大や位相の回転の問題がほぼ完全に解決されています。デジタルプリアンプでは 入力されたCDやDVD等のデジタル信号にデジタル信号の状態でトーンコントロールをかけてそれから アナログに変換するためこれらの問題がほとんど生じません。これからの時代はDVDAudioの以下に 述べるスピーカーコンフィギュレイションの問題も考え合わせるとデジタルプリアンプが主流と なるでしょう


マルチチャンネルのセッティングはデジタルプリアンプなら簡単です。

 マルチチャンネルのセッティングは難しいと思われていますがそうではありません。デジタル プリアンプではDVDAudio再生時に必要なスピーカーコンフィギュレイションの設定の機能があり 説明書どうりに設置した5台のスピーカーの大きさや位置の情報を入力し、テストトーンを 聞きながら、各チャンネルのレベルを合わせ、トーンコントロールで、各チャンネルの 音質を合わせれば完成です。 この5台のスピーカーの選定方法は前回述べましたが前方3台はできれば同じ大型の物、 後方2台は多少小さくても良いですけれども前方と同じ種類の物です。それぞれの位置は スピーカーセッティングの項で述べているようにセンタースピーカーはステレオ再生用のメイン 左右の2台のスピーカーの中央にリスナーからできるだけ左右のスピーカーと等距離に、後方2台は できるだけ左右は等距離ですが前方と同じ距離をとる必要な全くなく任意の場所でOKです。
 アナログプリアンプではDVDAudioのコントロールは基本的にできないので本来のDVDAudioの設定で ある5つのスピーカーは全く同じ物リスナーから完全に等距離角度は前方左右2台は60度 後方は120から150度以内という指定を完全に守らなければなりません。


デジタルプリアンプの音質を向上させるテクニックとしていくつか挙げておきます。

 
デジタルプリアンプはメインソースであるCDDVDなどは同軸ケーブルでデジタル接続すること それ以外のデジタルBSやCSD−VHS等は光ファイバーでデジタル接続することがあげられましょう。 CSBSなどのデジタルソースは電源のONOFFにかかわらず必ずプリアンプの音を悪化させます。 光ファイバーで接続することによってメインソースの音質を維持できます。
 もう一つこれはかなり決定的に重要なことですがCDやDVDの周波数特性を改善するデジタル フィルターは是非とも使用しましょう。私の使っているPioneerのC-AX10はレガートリンク コンバージョンと言って楽音の本来の倍音成分を前後の音波から超高速で演算して付加する フィルターがついています。これは素晴らしく効果的です。世界が変わります。フィルターを 使用しない世界を2次元とするとこのデジタルフィルターを使用したら3次元+横の拡がりが 出てきます。位相は全く変化しません。なおこのフィルターはPioneerのCDプレイヤーなど には標準で装備されているようです。
 またC-AX10にはハイビット機能と言って16ビットのデジタル情報に下位8ビットを追加し 24ビットにビット拡張してダイナミックレンジを拡張する機能もついていますがこれは まだまだだめです。位相が狂ってしまいますからオーケストラの大音量再生には禁忌事項です。
 C-AX10の使用法のポイントとしてあと3つほどあげておきましょう。 2チャンネル再生のときはトーンコントロールはフロントの2チャンネルのみ設定し センターやリアはフラット(使用しない)としておくことでしょう。これはデジタルプリアンプとて やはりメインの2チャンネル以外に余計な回路の負担をさせない方が音がよくなるからと 考えてよいでしょう。
 スピーカーコンフィギュレイションは大きく分けると4とうりあります。すなわちDVDAudio 標準の5チャンネルフロントとリアそれぞれ左右2個の4チャンネルフロント左右にセンター のみ加えた3チャンネル従来からのフロント左右のみの2チャンネルです。C-AX10では 8とうりのコンフィギュレイションがプリセットできますが私の以上の4とうりを ローカットフィルターOFFLFEミュートなし(0dB)として設定しています。 そしてDVDAudioは標準的なソフトは当然5チャンネル設定ですがDVDAudioでも 2チャンネルのソフトやCDについてはほとんどの場合この3チャンネル版で聴いています。 (当然音はフロント2チャンネルしか出てこない) この3チャンネル設定が一番 音の鮮度〜解像度のバランスが良いようです。5>4>3>2と使用チャンネルを少なく 設定するに従って音の鮮度〜解像度が向上しますがこれは各チャンネルの出力アンプの 使用を減らしていくにつれメインのフロント2チャンネルの出力ゲインが向上するためと 考えられます。しかしながら出力ゲインは大きければ大きいほど音がよいとは限りません。 適度のゲインで出力するすなわち3チャンネル設定(音はフロント左右しか出ない)がベスト な音響が得られるようです。
 最後に、C-AX10とDU-AX10をPDIF接続(Pioneer専用のデジタル接続)して 聴く場合の最も重要なポイントは、5・1チャンネルのアナログ出力は接続しないこと、すなわち、 DU-AX10の アナログ出力はC−AX10の5・1チャンネルのアナログ入力へは、一切接続しないことです。これは、正確な 理由は、はっきりしませんが、アナログラインのアースを共有することになり、デジタル系の回路に、 何らかの干渉をしている可能性が考えられましょう。
 DVD-Audioのソフトの中には、後述しますが、PDIFでの5・1チャンネルのデジタル 出力を禁止しているものがあります。これらのソフトは、アナログで5・1チャンネルを接続しない とサラウンドでは聴けず、PDIFでは48KHZにダウンコンバートされて2チャンネル再生 となります。それらも含め、すべてのCD及び、DVD-Audioは、現時点では、5・1チャンネルの アナログラインを接続しないPDIF接続で聴くべきです。そのサウンドは、間違いなく、世界 最高水準です。特に、著作権対応のグレードアップサービス後の音質(PDIF、アナログ接続は、L.R.のみ、アナログ3入力に接続しておくのが良い) は、一段と素晴らしくなりました。より、くっきり、はっきり、ダイナミックな音響が、そして、倍音が クリアに響きわたる様なホールの大音響が、底鳴りするようなエネルギー感が、聴ける様になりました。


デジタルプリアンプおよびアナログプリアンプ両方の音質を向上させるテクニックとして

 十分に暖気することにつきましょう。すなわちプレヒーティングです。私の使っている デジタルプリアンプは音楽を聴く最低4時間前に電源を入れます。6時間ぐらいたつと 完調になります。あくまで電源を入れておくだけで音は出しません。これは重要な ポイントです。音を出してもウォーミングアップの時間は速くはなりません。ウォーミング アップが完了すると音が全体に分厚くなり底鳴りするような奥行きの深い音場が出現します。 ff(フォルテッシモ)で今までどちらかと言えば平面的にガーンと鳴っていたのが、 立体的に奥のほうからグォーンと鳴る感じです。マニアによってはプリアンプの 電源は入れっぱなしと言う人もいるようです。



 一般的にマルチチャンネルの方が難しいと思われますが実は逆でマルチの方が簡単です。 2チャンネル再生は前に述べているように仮想的音場であり完璧な再生はなかなか 難しい微妙なものです。それに引き換えマルチは完全に仮想定位ではないわけでは ありませんが立体音響と言う点では十分に実在的でありこの点では2チャンネルとは 比べ物にならないほど簡単です。 例えば2チャンネルのリスニングポイントは、前後左右プラスマイナス5ミリくらいの 幅しかありません。つまり試聴時に頭を動かすことはできません。ちょっとでも頭を動かすと 楽器の定位や音場が変わってしまいます。対してマルチチャンネルは多少頭を動 かしても何の問題もありません。もちろんマルチチャンネルも厳密にはベストリスニング ポイントはプラスマイナス3センチくらいしかありませんが感覚的には10倍くらいの 余裕がある感じです。マルチチャンネルの方が気楽に楽しめる感じがあります。