これらのプレイヤーもセッティングのノウハウと言えるものはあまりありません。 セッティングよりもその選択の方が重要です。
 しいてあげれば振動を受けないところに配置すること足回りのチューニング適当な インシュレータなどの使用に尽きましょう。デジタル接続でデジタルプリアンプに接続する 場合でも振動対策はきわめて重要です。振動対策を完璧に行えば明らかに音が変わります。 音場が深くそして広くなり空間が見えるようになります。
 DVDAudioプレイヤーではオーディオ再生優先に各パラメーターを設定することは当然 重要なことです。なおプレイヤーのDVDVideoの設定(5台のスピーカーの大きさ位置など の入力)はDVDAudioとは直接関係ないもので設定する必要はありません。これらは 今のところはデジタルプリアンプで設定することになっています。
 SACDマルチプレイヤーは、DVD-Audioプレイヤーと違って、スピーカーの距離や音量の設定がありません。これらは、プリアンプで設定しなければいけませんが、アナログプリアンプでは、位相のコントロールが不可能ですから、もし、このようなスピーカーコンフィギュレイションが必要なら、必ず、デジタルプリアンプを使用することになります。



 これらの最新デジタルオーディオの性能は、趣味のページの冒頭でも触れたように アナログかデジタルかといった問題に完全に終止符を打つものです。私はCDが出て からずっとCDを擁護する立場にありましたがCDの音質については第2回に触れて いるように初期は決して満足といえるものではありませんでした。しかしこれら 最新オーディオフォーマットの性能はアナログレコードなど全く比較する意味が ないと断言できるほどはるか上のほうにあるといえるものでしょう
 DVDAudioもSACDもそれぞれ微妙に空間の描写性能は異なりますが音の鮮明さ エネルギー感楽器の定位間接音の再現性歪の無さ位相の正確さ周波数特性 その他全てのオーディオ性能はCDの比ではなくもちろんアナログレコードは比較する 対象ではありません。
 できるだけ早い時期に今までの優れたCDのすべてが、DVDAudioかSACDで再発売 されることを祈りたいものです。